エニタイムフィットネス巡り

筋トレ大好き、中年サラリーマンのブログ                                                     各所のエニタイムフィットネスに出没、筋トレ巡りをしています。  

【比較】エニタイムフィットネス 他のジムとの違い 

みなさんこんにちは。中年フィットネスです。

 

僕がエニタイムフィットネスの会員になって、

今月で2年。これまで一都三県を中心に、

80店以上の店舗へ伺いました。

 

今回はそんなエニタイム“大大大好き”の僕が感じた

他のジムとの違いをメリット・デメリット形式

にまとめてみました。 

 

 

メリット

24時間営業

f:id:bell-tree-k:20191013232709j:plain

これは24時間ジム全般に言えることですが、

いつでも行けるのは、大きなメリットですね。

 

よくある、定休日正月休み・閉店時間

エニタイムには存在しませんので、

気が向いたときいつでも行けます。

 

最近流行りの朝活にも、24時間のエニタイムは

便利ですね。

また朝に行くと、混雑を回避できるメリットもあります。

 

エニタイム朝活の記事も合わせてどうぞ!

www.bell-tree-k1.com

世界中のエニタイムが利用できる

f:id:bell-tree-k:20191014001335j:plain

利用開始日より31日経過をすれば、

国内外全てのエニタイムが

利用できるようになります。

 

国内は44都道府県506店舗どこでも大丈夫。

(2019年10月。中年フィットネス調べ)

これからオープンする店舗も、100店以上あります。
鳥取・三重・高知県はこれからですね)

 

www.anytimefitness.co.jp

僕は仕事で他県に行くことあるので
出張先のエニタイムには、大変お世話になっています。

 

話がそれますが、500店舗以上であれば

ファミレスのデニーズよりも、店舗数が多いんです!

恐るべしエニタイム・・・

恐るべしフィットネスブーム・・・

 

月会費が安い

f:id:bell-tree-k:20191014001445j:plain

エニタイムは、フランチャイズ展開となるため

店舗によって月会費が異なりますが、

税抜で6,500~7,500円くらいの店舗が多いです。

 

一般的なフィットイネスジムに比べ、

2,000~3,000円ほど安く済みますね。

 

利用する時間帯によって、会費が変わること

もありません。

 

因みに僕がうかがった中で、1番の高額店舗は

9,500円の赤坂店でした。

 

マシンが新しい 

f:id:bell-tree-k:20191014103910j:plain

エニタイムの店舗は、ここ3年ほどで爆発的に

店舗を増やしていったため、店のマシンは

最新型やキレイなものがほとんどです。

 

シャワーが完全個室

f:id:bell-tree-k:20191013232931j:plain

エニタイムは大浴場がない代わりに

完全個室のシャワーがあります。

 

あまり裸を見られたくない方には

良いですね。

反対に見せたがりの方には・・・デメリットになりすね。

土足OK(1部店舗除く)

f:id:bell-tree-k:20191014104139j:plain

エニタイムは1部の店舗を除き、土足OKです。

 外履きのままトレーニングができるので

荷物は少なく済みます。

店内がキレイ

f:id:bell-tree-k:20191014001750p:plain

エニタイムはスタッフさんが、高頻度で清掃を行います。

特にトイレ・シャワーなどの

水回りは清潔に保たれています。 

 

デメリット

扉のないロッカー

f:id:bell-tree-k:20191013233026j:plain

しっかり鍵のかかるロッカーを用意している

ところもありますが、ほとんどの店舗が

カラーボックスのような棚です。

扉くらいは欲しいところです。

 

スタッフさん不在の時間がある

f:id:bell-tree-k:20191013233123j:plain
エニタイムは19時又は20時頃から

翌日の10時又は11時まで、

スタッフさん不在の時間帯があります。

 

やんちゃな会員さんの相談

(ベンチで寝ている人・上裸の人・マシンを占有する人)

や、空調の調節など、相談ができない時間があるのは

ちょっと困りますね

大浴場・サウナ・プールがない

普通のフィットネスジムにはマストの設備ですが、

残念ながらエニタイムに、この3つはありません。

 

会費の安さゆえ、仕方ないといったところですが、

ここらへんに重きを置いている方

には向かないかもしれません。

 

完璧じゃない防犯

f:id:bell-tree-k:20191014001850p:plain

エニタイムの店舗には、どこにでも防犯カメラが設置

していますので、一見安心に思えますが、

当然トイレ・シャワールーム・ロッカールームなど

設置不可能な場所もあります。

 

そこに貴重品を置き忘れ、盗まれたりしたら、

犯人を特定するのが難しいでしょうね・・・

 

薄暗いフリーウエイトエリア

エニタイムのフリーウエイトエリアは、

ダウンライトを多用し、ほかのエリアと比べ

一段暗くなっている店舗があります。

 

初心者の方や女性なんかは、ちょっと

近寄りづらくないでしょうか?

トイレ・シャワーの数が少ない。

f:id:bell-tree-k:20191013233252j:plain

エニタイムはトイレ・シャワーなどの

アメニティが少なめです。

(大体1~2台の店舗が多い)

特にシャワーに関しては、混雑する時間帯、

しばしば順番待ちが発生します。

初心者に優しくない

f:id:bell-tree-k:20191014001935j:plain

エニタイムは、店内を見回るスタッフさんはいません。

普段はスタッフルームにいることが多く、

ジムエリアに顔を出すのは、掃除のときくらいです。

 

なので初心者の方は、マシンの使い方など、

聞きずらい環境ではないでしょうか?

(聞けば快く教えてくれます)

 

まとめ

いかがでしたか?

スタッフ不在の時間帯や、アメニティの数など
不安を感じる部分もありますが、

 

圧倒的な会費の安さ、店舗数の多さに加え

24時間営業など、気軽に利用できる環境が整った、

敷居の低いジムだと感じます。

 

これからエニタイムに入会、

乗り換えを考えている方などの

参考になれば幸いです。

それでは!